見ることができる、人の目の仕組み

患者さんに白内障という眼の疾患をご説明するときには、眼が見える仕組みや近視や遠視、乱視、老眼などで、遠くや近くのモノが見えにくくなる理由、ピントが合わなくなるのはなぜか、ということをお話しすることがあります。

それは、モノが見えるという原理を知っていただくことで、「水晶体」というレンズの役割がことのほか大きいということをご理解頂くためです。

現代の科学の進歩は著しく、手術によってこの水晶体を取り除き、人工の眼内レンズに置き換えることで、技術がないときには視力を失ってしまった人の目をまた見えるようにすることが可能になりました

目の中にあるレンズの役割をする水晶体を取り出すのですから、普通に考えると、大丈夫かなと思う人もいるかもしれません。

しかし現状では、ひと昔前と比べても格段に安全に、このようなことが可能になってきたのです。

白内障の手術では、白内障の症状が改善されるだけでなく、そこで使う眼内レンズを選ぶことによって、近視や遠視、老眼といった状況も同時に改善できるようになってきました。

実際に、手術方法と眼内レンズは著しい進化を遂げています。

この最先端の医療技術によって、人類は、以前には考えられなかった「新しい眼」を手に入れることができるようになったといっても過言ではありません。

これから先の記事より、これまで皆さんが抱えていた煩わしい悩み、「近くのものが見えない」「いくつもの眼鏡を使い分けなければならない」「いくつもの眼鏡を使い分けなくてはならない」「ルーペがないと小さい字が読めない」などといった症状が改善できるチャンスについても知ることができるでしょう。

白内障治療 クララスティル公式サイトはこちら